【出産レポ】突然やってきた陣痛!初産は陣痛から出産まで14時間半かかりました




ちゃんころ(@chancoro1809)です。

ついに!ついに!

我が家に第一子が誕生しました!!

予定日より3日早い、39週4日目に女子を出産。
夜中に突然陣痛がきて、すぐに病院に向かい、そのまま入院。

陣痛から出産までにかかった時間は約14時間半でした。

初産婦の平均分娩時間は10~12時間くらいと聞いていたので、平均よりちょっと長めでしたが、大きなトラブルもなく、出産することができ、ほっとしました。

だけど、痛みが14時間続くって、結構大変・・・出産って本当に貴重な経験だなってつくづく思います。

この記事では、そんな私の初出産の体験についてまとめてみました。

出産の体験は人それぞれだと思いますが、これから出産を控えている人にとって、少しでも参考になれば嬉しいなと思っています。

ちゃんころの出産状況まとめ

ちゃんころの出産はこんな感じです。

ちゃんころの出産概要

  • 妊娠39週4日目で出産
  • 娘の体重は約2,800グラム、身長は約50センチ
  • 陣痛はAM2時からスタートし、出産したのはPM4時半(所要時間は14時間半)
  • 陣痛から始まり、子宮口が全開になるくらいのタイミングで破水、吸引分娩で出産
  • 子宮口全開から3回目のいきみで娘誕生
  • 残念ながら会陰切開で出産(麻酔あり)
  • 子宮口が全開になってからはパニック状態でとにかく必死だった
  • 出産する瞬間は何かがズルっとでてくるような感覚
  • 我が子を初めて抱いた時の感情は感動ではなく安堵だった

陣痛きたかも?陣痛の始まりは突然やってくる

赤ちゃんと早く会いたいと思う反面、とにかく不安だったのが陣痛

「陣痛の痛みってどんな感じなんだろう?」
「陣痛がきたら、気がつくかな?」
「一人の時に陣痛がきたらどうしよう」

38週目くらいからは、そんな不安で毎日ソワソワしていました。

部屋を雑巾掛けしたり、家の周りを散歩したり、生まれやすいように、積極的に体を動かす日々。

しかし陣痛の気配は全くなく、このまま産まれてこないんじゃないかとすら思っていた土曜の真夜中に、陣痛は突然やってきました。

「初産婦は予定日過ぎることが多いらしいから、まだまだ先かもねー」

テレビを見ながら夫とそんな話をしつつ、その夜は0時頃にベッドに入ったのですが、その2時間後にお腹の痛みで目が醒めてしまいました。

「ん?ちょっと痛い?」

そんな程度の軽い痛みでしたが、痛みが来たり、引きたりを繰り返していたので、陣痛アプリで間隔を計測。1分から1分半くらい痛みが来ては引き、それが5分から10分間隔で続いていました。

念のため1時間ほど様子を見ましたが、一定の感覚で痛みが続いていたので病院に電話し、夫と病院へ向かいました。

子宮口5センチから全開になるまでが長かった

病院に着いた時、子宮口の開きはすでに3センチ。助産師さんに『お産の進みは早そうだね』と言われたので、その時はすぐに生まれるだろうなと軽く考えていました。

痛みは軽めだったので、電子書籍で漫画を読みながら横になって待機。ゴロゴログタグタしていたら、あっという間に7時間も経過。そのタイミングでやっと子宮口が5センチに。ただ、ここからがもっと長かった・・・

徐々に痛みが強くなってきたものの、子宮口の開き具合はイマイチ。

結局、子宮口が全開になるまでに、さらに7時間もかかってしまいました。

子宮口が開いてくると陣痛間隔も短く、痛みも増してくるので、しんどい時間が増えます。たまに夫に腰を押してもらったり、呼吸に集中するなどして何とか乗り切りました。

子宮口全開になった時には痛みがピークでパニック状態

子宮口8センチくらいから分娩台へ移動しスタンバイ。子宮口が全開になるころに破水し、そこからは痛みのピークでパニック状態。助産師さんが先生を呼んだり、バタバタとした雰囲気になりました。

やっと産めるんだという嬉しさはありながらも、猛烈な痛みで体力がどんどんなくなっていく・・・

痛すぎて呼吸が乱れると、助産師さんに『息止めると赤ちゃんが苦しい!』と言われ我が子のために必死に呼吸を継続。

いよいよいきむ時が来たのに、陣痛のタイミングに合わせてうまくいきめず、心が折れそうになりました。3回目のいきみの前に『次で産むつもりでいきもう』という先生の声かけがなかったら踏ん張れなかったかも。

結果3回目のいきみでズルっと何かが出て来たと思ったら、赤ちゃんの泣き声が聞こえた!!そうして産まれた我が子を抱いた瞬間、そこにあったのは感動ではなく、やっと終わったんだ・・・という安堵でした。

パニックでよく覚えていないものの、うまくいきめなかったためか、会陰を切開され、吸引分娩で出産していました。

まとめ

出産の体験ブログ、動画、友人からの情報等、産前は出産に関することを色々リサーチして準備しました。が、実際に体験してみると、他人の経験と自分の経験が合致するような感覚はなく、お産は人それぞれなんだということを実感。もちろん参考にならないというわけではないですが、思っている感じとは乖離があったなーと思います。

私の出産は『壮絶』ではなかったと思いますが、やっぱり結構大変でした。こんなことを書くと、これから出産を控えている方はとても不安に感じると思います。
でも大丈夫!!確かなことは、陣痛は永遠ではなく、どんなに大変なお産でも産んでしまえば痛みから解放されるということです。出産してしまえばその時の痛さなんて忘れちゃいます。痛い時間なんて一瞬だし、何とかなるものなので、我が子のためにその時だけ頑張ればいいだけなんです。







コメントを残す