妊活中女子に伝えたい!医療保険は出産前の加入がおすすめ




こんにちは。絶賛育児中のちゃんころです。

出産を振り返り、準備しておいてよかったなと思ったことの一つが医療保険の加入
実はちゃんころ、医療保険がおりたおかげで、出産費用の持ち出しは一切なし。むしろ9万円ほど手元に残る形となりました!

そんなわけで、今回は出産費用とちゃんころがもらえた医療保険についてお話ししたいと思います。

出産って実際どれくらいお金がかかるの?

出産は相当お金がかかります。なぜなら、出産は病気ではないため健康保険の適用外になり、医療費が全額自己負担になるからです。
ただ、出産までにかかる妊婦健診は自治体の助成があったり、出産時は健康保険から出産一時金として42万円も支給があるため、トラブルがないお産であれば自己負担は数万円程度ですむケースもあります。

ちゃんころの場合、自己負担はこれだけかかりました。

ちゃんころの自己負担額
妊婦健診:51,800円(合計14回受診)
病院へ支払う出産費用:52,190円(出産一時金42万を引いた額)
宿泊型産後ケア使用料金:21,000円
総額:124,990円

ちゃんころは妊娠中のトラブルもなく、出産も自然分娩ですが出産中に赤ちゃんの吸引処置があったり、痛み止めなどの薬をたくさん処方してもらったためか自己負担額が10万円以上かかってしまいました。出産は公的な補助がかなり充実しているものの、10万円の出費は家系へのインパクトが大きいですよね。

出産って医療保険がおりるの?

繰り返しになりますが、出産は病気ではないため、基本的に健康保険の適用外なんです。
そのため、妊婦健診も分娩費用も自己負担。医療保険は怪我や病気が支給条件になるため、健康保険適用外の場合は医療保険の給付金はおりません。

でも、諦めないでください。逆転の発想で考えると健康保険が適用になっていれば給付金が支払われる可能性があるということです。

ちゃんころ
保険屋さんに問い合わせたら、医療費明細書で健康保険が適用になっていれば給付金支給の可能性があるかもっていっていたよ

帝王切開や手術にあたる処置を行った場合などは支給されるケースが多いようです。
健康保険が適用になる処置があったかが見極めのポイントです。

ちゃんころが加入していた医療保険は?

ちゃんころは結婚したタイミングで医療保険を検討し、以下2つの保険に入っていました。

・メットライフ生命 終身医療保険 フレキシィ 月額6,337円
・都民共済 総合保障2型 月額2,000円

メットライフ生命の保険は手術給付の特約をつけています。

いくら支払われたの?

ちゃんころは自然分娩でしたが、吸引分娩という処置が入ったことで健康保険の適用となり以下の金額が給付されました!!

医療保険から支払われた給付金
・メットライフ生命:手術給付金20万円、入院給付金1万円
・都民共済:入院共済金4,500円

吸引分娩の措置があった日のみ入院給付が出るそうなので、入院給付金は思ったより少なかったなと思っています。
それでも、妊娠してからかかった医療費という点でみると、89,510円もプラスになっています!!

さいごに

正直大きな病気や怪我をしたことがない健康優良児のちゃんころが、まさか医療保険の給付対象になるとは夢にも思いませんでした。
念のためにと思い、結婚した時に手厚く保険に入っておいて本当によかった!!

保険を使わずに出産できることが一番よいですが、子供ができると経済的な支出も多くなりがちなので、万が一に備えて準備すると安心だと思います。
妊娠すると入れない医療保険に入れないケースも多いみたいなので、妊活中に加入検討することをおすすめします!







コメントを残す