【秋生まれの出産準備】初産の私が実際に購入したグッズと費用など




こんにちは、ちゃんころです。
知人からのアドバイスもあり、いつ何が起こっても慌てないように出産準備は早めにすることにしました。

第一子(女子)の出産予定日は11/20です!

今回はちゃんころが実際に購入したものと費用をブログに載せたいと思います。

出産準備はいつごろしたの?

多くのママが入院準備も兼ねて、出産準備をはじめるのが妊娠7ヶ月目〜8ヶ月目だそうです。

いつ頃準備するかは人によって様々ですが、ちゃんころが考える出産グッズの準備タイミングはこの3つがそろった時かなと思います。

出産準備のタイミング

  • 赤ちゃんの性別がはっきりわかっている
  • ママが動きやすい妊娠周期
  • 赤ちゃんグッズや入院グッズの保管場所が確保できている

赤ちゃんの性別は、早ければ16週くらいからわかる人もいるみたいですが、ちゃんころの赤ちゃんの性別は28週目に発覚!
産まれてくる赤ちゃんは念願の女の子だとわかった夫もテンションが相当上がっていたので、性別がわかった週の週末に買い物にいくことになりました。

8ヶ月目であれば予定日までまだ日数があるので、不足があればまた買い出しに行くこともでき、準備のタイミングとしてはちょうどよいと思います。

どこで買ったの?

千葉の大型ショッピングモールを中心に車での買い物を計画。
イオンモール幕張新都心→vivit南船橋→ららぽーとTOKYO-BAYの順番で大型ベビー用品店を回りました。大型ショッピングモールは店舗がたくさんあるので、一気に購入するにはとてもおすすめです。

最低限必要なもの

テンションが上がってどうしても買いすぎてしまいそうになるので、事前にお買い物リストの準備は欠かせません。
入院グッズと出産後のグッズにわけて必要なものを整理してリスト化するとわかりやすいですよ〜

入院グッズ

まずは出産予定の病院から持ち物リストをもらっておきましょう

病院で準備してくれているもの、購入できるものもあるので事前確認は必須です。わからない点は事前に助産師さんに聞けば安心です。ちゃんころが揃えたグッズはこちら!!

用意が必要なママのグッズ(入院期間は4泊5日の場合)
  • 前びらき授乳口付きパジャマ 2枚
  • 母乳パッド
  • 産褥ブラジャー 2-3枚
  • 産褥ショーツ 2-3枚
  • 円座クッション
  • ストロー付きペットボトルキャップ
  • 腹帯(さらし)※病院で購入予定
用意が必要な赤ちゃんのグッズ
  • ガーゼ 5-6枚
  • 退院時の赤ちゃんの衣類
  • おくるみ
病院で準備してくれているママのグッズ
  • お産用ナプキン
  • 清浄綿
  • 臍帯消毒セット
  • 授乳クッション

出産後の赤ちゃんグッズ

赤ちゃんの成長はとても早いので、洋服類の買いすぎは注意です!!
新生児の場合は50〜60サイズを選び、最低限の枚数を揃え、足りなければ買い足しがベストです。

秋生まれなので、体温調整のためにベストとスリーパーを購入しました

赤ちゃんのお洋服系
  • 新生児肌着5枚セット(短肌着3枚・コンビ肌着2枚)×2
  • 2WAY(ツーウェイ)オール 3枚
  • ベスト 1枚
  • スリーパー 2枚
  • 靴下 3セット×2
  • ロンパース 1枚
  • 長袖プレオール1枚
赤ちゃん服の参考サイズ

  • 新生児から3ヶ月前後: 50〜60 (身長:50〜60cm、体重:3〜6kg)
  • 6ヶ月前後: 70 (身長:70cm、体重:9kg)
  • 12〜18ヶ月前後: 80 (身長:80cm、体重:11kg)
  • 24ヶ月前後: 90 (身長:90cm、体重:13kg)
  • 36ヶ月前後: 95 (身長:95cm、体重:14kg)

日用品系は退院後すぐに使うので、なるべく買い揃えました!!
ミルクを飲ませる場合は温度設定ができる給湯ポットが便利なのでこの機会に購入。

完全母乳の人はいらないかもしれないので、必要になったらamazonで購入しても遅くないと思います。

赤ちゃんの日用品系
  • 紙オムツ(新生児サイズ) 1箱
  • おしりふき用ウェットティッシュ 1箱
  • おしりふき用ウェットティッシュの蓋 1つ
  • ガーゼハンカチ 10枚
  • 粉ミルク
  • 搾乳機
  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶洗浄セット
  • 給湯ポット(ミルク用)
  • ベビー用爪切り
  • ベビー用綿棒
  • ベビー用体温計
  • 湯温計
  • ベビーバス
  • ベビーソープ 1つ
  • ベビー用スキンケアローション 1つ
  • オムツ臭わない袋
  • ベビーハンガー
  • おもちゃ
  • おしゃぶり
  • バスタオル

高価な赤ちゃんグッズは、ベビーベットのみ中古で購入。ハードオフで美品を半額でGETしちゃいました!!

高価な赤ちゃんグッズ
  • ベビーベッド(中古で半額購入)
  • ベビー用布団
  • ベビー枕
  • 抱っこ紐

出産前に買わなくてもいいけど、事前に購入を検討したいもの

出産後すぐに使わないもので、値段が高いものは下見程度で済ませてます。
購入ポイントだけ店員さんに聞き、あとはメルカリかハードオフで購入しようか検討中。

チャイルドシート

道路交通法により、6歳未満の子どもは全てチャイルドシートの着用義務があります。
そのため、自家用車で赤ちゃんとドライブを予定している場合、チャイルドシートは必須です。

チャイルドシートは対象年齢により、3つに分かれています。

  • ベビーシート(乳児用)
  • チャイルドシート(幼児用)
  • ジュニアシート(学童用)

子供の体のサイズに合わせてチャイルドシートは作られているため、対応年齢が決まっているものがほとんど。新生児から6歳までと長く使えるタイプのものもありましたが、子供の成長は著しいので買い換える人が多いらしいです。

店員さんが選ぶ時のポイントとして教えてくれたのはこの3つです。

チャイルドシートを選ぶ時のポイント

  • 途中で買い替えを検討するか
  • 回転式かどうか(回転式の方が乗せやすいけど、値段が高い)
  • 取り付けタイプが2種類あり、乗る車によって違うため確認が必要
    (ISOFIX(アイソフィックス)タイプかシートベルトタイプ)

ベビーカー

ベビーカーは首が座った頃からの利用になるため、一旦検討する形にしました。

店員さんが選ぶ時のポイントとして2つ教えてくれました。

ベビーカーを選ぶ時のポイント

  • 四輪型、バギー型等、形にも種類があるが、どれがいいかは生活スタイル次第
    ※都内在住、駅移動が多い家庭はコンパクトさと軽さを重視する傾向あり
    ※一軒家在住、車移動が多い家庭はバギーなど重厚感があっても操作性の高いタイプを重視傾向
  • バギータイプは前向きのものだが、四輪型は前向きと後ろ向きを切り替えられるものもある

100均で購入できるもの

ちゃんころはベビー用品店で全て購入してしまいましたが、下記のグッズは100均で購入可能です。

  • おしりふき用ウェットティッシュの蓋
  • ストロー付きペットボトルキャップ
  • いくら使ったの??

    買い物の総額は・・・15万弱でした。

    元々15万くらいの予算だったので、予算内では購入済みだけど、ちょっと高いですよね・・・

    さいごに・・・

    衣類系は早ければ1ヶ月くらいでサイズアウトしてしまうようなので最低限かつ不足感がないように準備をしましたが、想定より金額は高めでした・・・

    ベビーベッドは1歳半くらいまでしか使わないようなので中古で購入。節約のためチャイルドシートも中古で購入しようと考えています。

    これいらなかったなーというものも出てくると思うので、またブログでアップしたいと思います。







    コメントを残す